北条(氏康)の娘→武田家に嫁いだ(が事情があり)、今川に。今川氏真と流転人生を送ったらしいが、協力して別の道を生き延びたとか? 本当なのか? どなたか教えてください

【続報】

早川殿-Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A9%E5%B7%9D%E6%AE%BF
を先に読んでください。

----------------------------------------------------
23:47 - 2017年7月14日 イチマサ

#おんな城主直虎 今まで自分が見せられたドラマの範囲では今川歴史の成り行きは「自然消滅」で無くなると思っていたら…今夜の今川プリンスと嫁の早川殿が今川の歴史の始まりの得意分野の公家(くげ)の仕事の領域を伸ばして行ったのが江戸から明治まで安定した仕事の領域を確保していたとは驚いた。

-------------------------------------------
18:54 - 2017年7月14日 イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/885799576380129281

歴史秘話ヒストリア「戦国一華麗な敗者復活戦~今川プリンスと妻の二人三脚~」NHK総合7/14 20:00 -
桶狭間の戦いで没落した名門・今川家を復活させたプリンス・今川氏真。妻・早川殿と共にあの手この手で天下人たちの支持をえて確固たる地位に!戦国夫婦のサクセス物語。 MC担当:井上あさひ
---------------------------------------------------------

| | コメント (0)

#静岡県 #掛川市  俳優の杉良太郎さんが掛川城主の甲冑を寄贈

14:11 - 2017年4月1日 リツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/848040132917706754

展示場所は「御殿」とあるので分かるが、展示期間は明示無い。しかし、NHK総合の紹介では言ってくれた:「GW終わりまで」と。
RT
#静岡県 #掛川市  俳優の杉良太郎さんが掛川城主の甲冑を寄贈 :掛川市 公式web お知らせ登録日: 2017年3月28日
http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/kohokakegawa/kohoplusone/20170304/20170328sugi-joshuyoroi.html
---------------------------------------------------------------------------------------------
俳優の杉良太郎さんが掛川城主の甲冑を寄贈した二種類
22代目城主を務めた●松平遠江守(櫻井)忠喬(まつだいら とおとうみのかみ(櫻井)ただたか)茶色系の方
26代目城主を務めた●太田摂津守資俊(おおた せっつのかみ すけとし)青色系の方

【参考】山内一豊は6代目。過去に「大河ドラマ:功名が辻」で描かれ、大河ドラマ館が掛川城ふもと広場に設置*2年間も。
-----------------------------------------------
9:30 - 2017年4月3日 リツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/848694162291531776

(圧縮を展開)後で行く我慢が出来ず、展示会場になっている、(建物自体が国の重要文化財に指定されている)「二の丸、御殿」に行って来ました。①写真のパンフに歴代城主一覧表があるので必ず手に入れてください。茶系の鎧兜が22代目(松平)、青系の鎧兜が26代目
(太田)です。余談:18-21代目を務めた井伊別流れの城主は死後、可睡斎に葬られています。 https://twitter.com/ichimasa2/status/848040132917706754
----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------

| | コメント (0)

#おんな城主直虎 井伊谷(いいのや)地区に目を転じた情報を積み上げて行くところです。

12:25 - 2017年5月4日 当記事は 【 #おんな城主直虎 】 の放送開始日:2017/1/8 と #大河ドラマ館 のオープン日:2017/1/15 : 白いツバサ@cocolog の続き(放送始まり、気賀でドラマ館オープン後の)もう一方の本拠地(史跡豊富~探索客で賑わいところ)の井伊谷(いいのや)地区に目を転じた記事を積み上げて行くところです。
-----------------------------------------
23:36 - 2017年1月22日 ツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/823177563572842496

「 #直虎の里へ ようこそ 」案内板の件。
撮影した写真がピンぼけなので、パンフレットで「井の国」と称している、直虎の史跡に溢れている井伊谷(いいのや)地域の分かり易い中心案内板なので「現在地」の道路向かい側の車の絵の辺りに実際は「臨時駐車場」が有り、車で来た人は駐車に利用すると共に、この案内板が有るので史跡の名を見ながら探索ルートを検討し、活用の為にピンぼけの無い写真を撮ったスマホ等を携行して観光ウオーキングしてください。「現在地」の右はセブンイレブンでこの会社のインタネットMAP「引佐 井伊谷店」付近図を検索して照合すると更に分かり易くなります。
-----------------------------------------
●13:06 - 2017年1月23日 ツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/823381244184403968

無料の見所(井伊谷): #浜松市_地域遺産センター の件。
気賀にある #大河ドラマ館 の近くから #龍潭寺 までの公共バス路線が設定されて既に走っているが、写真①のように寺の駐車場の一角に折り返し発車時刻を待つカタチで留まってるだけなので、後少し北にある地域遺産センターまで1km弱歩くか、浜松駅前→45奥山行きバスに乗り、神宮寺停留所(紅屋菓子店交差点西)下車。
自家用車の駐車場は充分にあります。ここを見学した後の史跡探索は(東にある)図書館の駐車場に置いた方が目標物に近くて便利。

●14:22 - 2017年1月23日 ツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/823400507842514961

前回投稿 #浜松市_地域遺産センター へのRT
展示を見て自分として貴重と感じたのは写真の #頭陀寺 と #松下屋敷 ←こちらは現在、公園工事の際、破壊されてしまったので遺構を見ること出来ないが頭陀寺で再現模型(ジオラマ)を見ること出来ると思う。
※ ドラマで最後の方で出て来るが直虎が直政を養育支援の初期に直政の実母が松下と再婚の連れ子として直政が養子・・・の話しあり

【追記】頭陀寺 公式HP ←松下屋敷(平地城)も。

●0:24 - 2017年1月27日 ツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/824639049398759425

#大河ドラマ #おんな城主直虎 
奥浜名湖ツーリズムセンターだより」さんのブログ記事の一例を紹介。後はお気に入りに登録を。
投稿日:2017年01月18日
記事題名:(浜松市井伊谷地区)浜松市地域遺産センターに行ってきました
http://okuhamanakotourism.hamazo.tv/e7249401.html

●14:05 - 2017年1月30日 リツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/825932821801754624

ジオラマ上部(天井方向)を観察したら
(1)投射装置を水平設置→ハーフミラー→被投射台は山岳静止画像。
(2)投射装置を垂直設置→被投射台は山岳静止画像に重ねる動画像みたい。
【追記】静止画と動画担当は逆かも?

RT @chibi1368: プロジェクションジオラマ https://t.co/NDPAnVXN6C
-------------------------------------------------------
●11:23 - 2017年1月24日 ツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/823717822735863809

#井伊谷 の路線バス情報の件。井伊谷地区の通常バス路線図が #おんな城主直虎 対応でニーズの多い龍潭寺付近に観光客の乗り降りする場所の追加ということで #井伊谷宮前バス停 を設置して 渋川線の(上り/下り共に)何本かをココに迂回して寄って貰う方式にした(奥山線は、やらない)のでバス時刻表、路線図、バス停自体の表現方法で複雑化し、現地観光案内ボランティアの活動が見当たら無いので、堪りかねて自分が聞き取りした概要を取り敢えずこの手段のみで伝える。現地に住む人達の活動立ち上げに期待します。尚、SNS関係者は理解の範囲内で現地で困っている人を見かけたら相談にのってあげてください。

【追記:2017/2/4】現地観光案内ボランティアの件。地域遺産センターに三度目の訪問をしたら、2Fホール入口に観光パンフレットを広い置台に多種類並べた改装も変化だが、赤い法被を着た女の人が二名が活動していたので尋ねたらこの場所での観光ボランティアガイドをすることになった(キッカケ浜松市の広報で教育を受けて来た地元の奥様)。本当は、井伊谷の銀座である龍潭寺付近に小さな場所を設けてそこで活動するのが地域遺産センターを始めとした井伊の歴史史跡が豊富にあるので見どころが展開する北地域を(パンフ+7口頭で)案内するのが基本と思うが、地域に一か所も観光ボランティアガイドがいないよりはマシになる。

1.(シャトルバス)気賀ドラマ館-龍潭寺(終点)下車 
2.(路線バス)気賀-(龍潭寺の隣の)井伊谷宮前で下車-乗っていたバスは→神宮寺→奥山
3.(路線バス)浜松-金指-(龍潭寺の隣の)井伊谷宮前で下車-乗っていたバスは→井伊谷→伊平・渋川
4..(路線バス)浜松-金指-井伊谷-神宮寺で下車→乗っていたバスは→奥山
【今の問題】
1.2.3.龍潭寺や井伊谷宮で下車し、見学済んでから→西や北の史跡ゾーンがあること知っている?行き方を知っている?
4.神宮寺で下車し、北の史跡ゾーン見学済んでから→西や南の史跡ゾーンがあること知っている?行き方を知っている?
・北の史跡ゾーン=地域遺産センター、井伊谷城跡、井殿の塚、他
・西の史跡ゾーン=(妙雲寺)、謂(言へんの部分がサンズイ)伊(頭二文字で読み:いい)神社、天白磐座遺跡
・南の史跡ゾーン=井伊谷宮、龍潭寺、井伊共保の井戸
【北には】地域遺産センターに固定ポイントだがガイドはいるし、個人店舗が多いので自地域や他地域の案内はOK
【南と西には】ガイド皆無&住宅地や手を離せない店が多いので困難。
-------------------------------------------------------------
●23:46 - 2017年1月30日 ツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/826079218744254468

#おんな城主直虎 の里「井伊谷」の三岳(みたけ)を遠望する風景。写真①:神宮寺橋の南端から北東方向を望む黒くて高めの立て看板はバス停.(.ここから路線バス利用で金指経由>浜松駅行で帰途。たまに奥山から気賀行きが来るので違う(気賀行には乗らない意味)合図を出すのも面倒なので、私はこの写真を撮って居る側に自販機とベンチがあるので休憩スタイル)。写真②は橋の北端から下流方向を撮る。
------------------------------------------
11:05 - 2017年1月10日 ツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/818639770091864064

#奥浜名湖みそまん物語 (各店の味噌まんじゅう1個をサンプル的にセットにしたもの)は、いつでも特定なところで買えると自己解釈しながら→ #奥浜名湖観光協会のサイト→ http://www.oku-hamanako.net/ の(PCサイトしかない?)右側に「みそまん」特集があり、販売日程が表示されているということは・・・予告の日だけか?問い合わせはサイトの協会か、個々の「みそまん店」まで。
【補足】2017/1/27に遠鉄デパートに寄って確認したら
定期販売有り:本館B1F「遠州グルメ」スペースで。毎月30日に販売(全量50パック)
その他:ソラモでの定期出張市に登場の可能性あり、注目です。

【追記】予告場所に予告日に買いに行った報告は2017/1/30付けコメント欄参照。
---------------------------------------------------
11:54 - 2017年5月4日 ツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/859964354271236096

(引佐町井伊谷)協働センター近くの #地域遺産センターで何度か高度CG作品の井伊谷の歴史を見ているので、新しい情報を探していたら... いままで(名前は知っても)場所を知らなかった #久留女木の棚田 の大体の場所を特定出来る掲示写真を見付けた。
帰宅後インターネットで県のサイトにも紹介あるのを発見→ https://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-630/tanada/area/kurumeki.html
------------------------------------------------------------
12:25 - 2017年5月4日 ツイート者:イチマサ
https://twitter.com/ichimasa2/status/859972140082225152

建物(公民館)の右端にある掲示板を人が読んでいるのは この一帯が井伊氏居館跡であることを説明している。(近くの図書館の新聞記事掲示で知ったのが)写真③の情報によれば市観光シティプロモーションで尋ねれば居館を想像で描いたVRがあるそうだ。 ←【追記:写真③のよりハッキリした情報追加】記事題名:直虎の時代、アプリで再現 浜松市が観光VR製作|静岡新聞2017/4/28 http://www.at-s.com/sp/news/article/local/west/353886.html によればアプリ名は「まるっと直虎観光VR」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

#おんな城主直虎 が放送開始~終了までの1年間、このブログ内「直虎関連記事メニュー(抜萃)」を【常に】(新記事が投稿されても下に押し下げされずに)TOPに掲示固定しておきます。 niftyのココログだけの特徴仕様かな?

この記事は #おんな城主直虎 に関係して自分が書いたブログ記事の主な記事へ行けるリンク集的な記事内容です。
------------------------------------------------------------------------------------------
NHK 静岡放送局 新放送会館の建設情報: 白いツバサ@cocolog  ← この記事の中に NHK の本局(東京)と静岡放送局、各ホームページへのリンクあります。
高速自動車道の開通後に付け加え建設された(orされる)スマートIC(インターチエンジ)但し、遠州エリアに限る
----------------------------------------------------------------------------
☆-------------- ↓

●観光【無料】アプリ #おんな城主直虎 関連の観光アプリ(素人的情報集め)


有料【大河ドラマ館】浜松市北区細江町気賀に設置 [pdf]大河ドラマ館のコンセプト大河ドラマ館チケット詳細 ・第1回衣替え4/29 入館者累計記事検索 5/26に入館30万人達成した記事クリップへ 第2回衣替え5/28

遠鉄ナイスパス利用で気賀の指定停留所で下車した人には、大河ドラマ館割引券発行

浜松は遠くて無理な方、あるいは視野広く情報収集されたい方はご検討を。→ 
● 特別展(有料巡回展) 「直虎から直政へ」・江戸東京博物館は07/04-08/06・静岡県立美術館は08/14-10/12・彦根城博物館は10/21-11/28 
●全国簡易展示巡回展(無料) 4月4日(火)〜11月5日(日) 全国のNHK選抜放送局主催

●12:00 - 2017年7月31日イチマサ https://twitter.com/ichimasa2/status/891856054790660096
#おんな城主直虎 小野政次(配役:高橋一生)の屋敷跡を井伊谷の味噌萬有名店「紅屋」数軒となりにあるシステム会社名【マット】の敷地内に昔あったことを見つけた。黒蜜かき氷が美味しかった。この一年間は店頭でお土産品もオモテナシとして販売。商工会の会員として観光ポスター参加活動に付き合っておられる。

井伊直虎を取り巻く出来事と井伊直政~子孫の主な時系列出来事メモ

#おんな城主直虎 井伊谷(いいのや)地区に目を転じた情報を積み上げて行くところです。

 【見解1】井伊家の紋(家紋)は橘(たちばな)で、「井桁(いげた)」は旗印(はたシルシ) ←→ 【見解2】「井桁」は家紋

#おんな城主直虎 の系譜、#井伊家と #袋井 との関わり

バスルート新設(暫定):舘山寺~気賀(ドラマ館)~龍潭寺+【観光船】も追加

●1/8と1/15(前)放送開始日と(後)ドラマ館のオープン日

●2016/11/27供用開始(この視察兼ねて、天浜線で「気賀」に行く選択有):「新所原駅」の新駅舎(高架自由通路化)

-----ロケ始まる

直虎(おんな城主)のオジ新野 左馬助 親矩(にいの さまのすけ ちかのり)は、(今川の命令で)井伊谷に出仕した以前の出身領地が御前崎市新野(にいの)であり、幼い時の直政が危機の時、かくまい育てたことも知った。

●(投稿者:)直虎足軽隊 @naotoranosato さんから引用。
直虎関連で(井伊谷にある)新野(にいの)屋敷跡地公園を訪ねる人が多くなった。地元でも字名が新野である事を知らない人ばかりだが最近案内板が建った。説明文によると上の保育園辺りが屋敷跡であったようだ。ドラマでは気賀方面が想像力豊に展開されているが、もう一度井伊谷に話を戻さないと井伊谷城の攻防の醍醐味が無くなるのでは。https://twitter.com/naotoranosato/status/890445410975666176

放送決定

☆--------------- ↑

直虎 メモランダム

【ココログ会員へ内緒?の連絡】「次郎法師衣装」などが登場!: お知らせココログ:@nifty

| | コメント (0)

#おんな城主直虎 の系譜、#井伊家と #袋井 との関わり

当ブログ記事は 下記ブログ記事の派生分岐したブログ記事です。
2017年のNHK大河ドラマ主演は柴咲コウ、戦国テーマ「おんな城主 井伊直虎(いい なおとら)」 : 白いツバサ@cocolog
-----------------------------------------------------
https://twitter.com/ichimasa2/status/792640187415179264
17:12 - 2016年10月30日 ツイート者:イチマサ

袋井宿開設400年記念祭のまとめ。
写真:四枚添付
※時代絵巻パレードの最後、「赤備え」のヨロイを装着した武士軍団は #おんな城主直虎 に養育された直政が成長し、家康の配下として歴戦で功績をあげるイメージ。来年の #大河ドラマ 勝手に宣伝協力かと思ったら系譜的に袋井も縁有ることを市民解説から教えられた。
----------以下、資料より転載(「袋井宿開設400年記念祭かわらばん”号外”」の内容:パレード隊の解説 第7パレード隊 「井伊家のかかわり列」より)

 井伊直虎(なおとら)は、戦国時代、井伊谷(現・浜松市北区引佐町)を本拠地として栄えた井伊家の当主を務め、優れた政治手腕によって、一族の危機を救った人物で、井伊家当主、直盛(なおもり-桶狭間の戦いで今川義元と共に討死す)を父とし、新野左馬助の妹を母とする一人娘です。
 直虎が育てた直政(なおまさ)の子、直勝(なおかつ-改名前の名は直継)と直勝の子、直好(なおよし)親子の墓が、可睡斎にあります。
 直好が掛川藩主だったころに造られた掛川城 御殿下 御門油山寺(ゆさんじ) へ移築され、重要文化財として見ることができます。

---------------- ここまで引用。 
●詳しい情報を現地(可睡斎)で発見!可睡斎での情報
●関連(彦根側):「彦根城にまつわる「列伝」第5回」
直虎が養育支援した直政の子孫の行く末を研究したい人(このドラマの続編に相当)には、この本が適切みたいですね。【本】彦根商工会議所編 『井伊家十四代と直虎』

油山寺(ゆさんじ) 公式ホームページより引用。(上記の「御門」が「山門」と呼び名が変わっている)

「山門は元掛川城大手門で万冶2年(1659年)井伊直好公が建立※したものであります。歴代の掛川城主の信仰は厚く、明治6年御維新の際、城主太田備中守が眼病全快のお礼として当山に寄進、移築されたものであります。
 城郭造、重櫓層門、本瓦葺、桁行9.3メートル、梁間4.6メートル、2階25畳、漆喰白壁、窓、柱0.6メートル、角総欅材、正面大扉は楠の一枚板を用いております。
 なお、大棟両側を飾る鯱一対も江戸初期の名作であるといわれ城郭建築上貴重な建物で二層片潜付城門は全国的にもめずらしく静岡県唯一の城郭文化財であります。」

※井伊直好公から井伊分派で掛川城主4代続く。詳細→
井伊直虎を取り巻く出来事と井伊直政~子孫の主な時系列出来事メモ: 白いツバサ@cocolog

井伊家と袋井の関係が史跡を通じて縁があることを認識したが、直虎関連出版物や広域観光パンフレットをサラーと目を通した範囲では、露出(紹介掲載)が殆ど無いのが明らか。掛川の「十九首供養塔群」(平将門、由来の場所が「井伊関係者が多数殺された場所がこの辺り」を無理に結び付けた供養塔写真の掲載あるのが多いくらいだ。袋井の人は世に売り出し方を頑張らないと...。


可睡斎(かすいさい) 公式ホームページ 
【参考】あの泉岳寺(せんがくじ)の山号は可睡斎と同じく 萬松山(ばんしょうざん)だった→ 当ブログの記事へ

| | コメント (1)

(浅野長矩公之墓所や赤穂義士で有名で、東京都港区高輪にある)萬松山 泉岳寺

泉岳寺 公式ホームページ
TOPページのメニューボタン「泉岳寺について」を開いた状態で同時にサブメニュー「泉岳寺概要」を開いた状態になっている。 そのテキスト文を下記の★以下に引用(転載)しました。 引用(転載)の目的等は末尾を参照してください。
2番目のサブメニューは「泉岳寺の記事」。開くと 1.「萬松山泉岳寺の縁起」 2.「泉岳寺 歴史年表」と構成され詳細に説明されている。 3番目のサブメニューは「境内案内」

----------------------------------- 引用開始 
泉岳寺は曹洞宗の寺院です。
曹洞宗のご本山は二つあり、一つは道元禅師が開かれた福井県の永平寺、もう一つは横浜鶴見の総持寺です。

道元禅師の主著は仏教の真髄を表した『正法眼蔵』という95巻に渡る書物です。
さて、泉岳寺は慶長17年(1612年)に門庵宗関(もんなんそうかん)和尚(今川義元の孫)を拝請して徳川家康が外桜田に創立した寺院です。
(現在の警視庁の近く)

しかしながら寛永18年(1641年)の寛永の大火によって焼失。そして現在の高輪の地に移転してきました。時の将軍家光が高輪泉岳寺の復興がままならない様子を見て、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の五大名に命じ、高輪に移転した泉岳寺はできあがったのです。

浅野家と泉岳寺の付き合いはこの時以来のものです。
一般的には赤穂義士のお墓があることで有名ですが、創建時より七堂伽藍を完備して、諸国の僧侶二百名近くが参学する叢林として、また曹洞宗江戸三か寺ならびに三学寮の一つとして名を馳せていました。

その家風は引き継がれており、人数は少ないものの、大学で仏教を学びつつ泉岳寺で修行を勤めるという若い修行僧が、現在もいます。
-------------------------------------- 引用終了
上記に引用(転載)をした目的:
忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~ | NHK 土曜時代劇
NHK 総合 毎週土曜日 18:10~ (全20回) 主演:武井咲 の放送開始早々(2016/9/24スタート)、忠臣蔵に付きものの泉岳寺に興味が湧き、寺のホームページの歴史を知ろうと「泉岳寺について」を開いて読んだら、寺に関わった色々な人物がいたことを/知り、直ぐに記憶が薄れる年齢の為に時々読み返すために引用しました。

本日時点にコピーし、その後が本文に修正があって差異が発生しても気付かないと思うので、気が付いた人がおりましたら、ブログコメントやTwitterでお知らせください。


| | コメント (3)

「緑十字機」謎に迫る 磐田の郷土史家、岡部英一さん自費出版

新聞記事タイトル→ 「緑十字機」謎に迫る 磐田の郷土史家、調査分析一冊に  

このニュースは2015/7/11 に静岡新聞に掲載され、同日中に同社の記事保存サーバーに登録されたものですが、マスコミ一般的なこととして早めに読者検索のリンクから消えてしまうので、郷土歴史上の貴重な情報として控えて置きたく(貴新聞の長期継続購読契約者として)ここに全文引用(転載)させていただきます。感謝!

------------------以下、引用
磐田市緑ケ丘の郷土史家、岡部英一さん(64)が、終戦直後に地元の鮫島海岸に不時着した海軍機の緑十字機(末尾に解説あり)に関する書籍「緑十字機の記録」を自費出版した。緑十字機は日本の降伏受理協議のため軍の使者(軍使)を運んだ。同機の一部始終について調査研究し、その成果を戦後70年の節目につづった。
 岡部さんは2006年と11年に同海岸で機体の一部が相次いで発見されたのを受け、緑十字機の史実に興味を持ち、研究を始めた。海軍OBが残した資料を手掛かりに、不時着機の副操縦士や搭乗員の遺族ら計7人をたどり、新たな証言や回想録を集めて回った。当時、軍使らの救護に当たった地元住民ら14人からも目撃談を得た。
 書籍は四六判、362ページ。第1章には回想録や証言を基に、連合国が降伏受理協議のためにマニラ()行きを命じた1945年8月16日(【挿入】(米軍指示に合うように外装を緑十字機に塗った飛行機は木更津空港8/19 7:18離陸)から、不時着(【挿入】8/20 23:55鮫島海岸)後に救護された軍使らが(【挿入】鮫島の太田屋で待っていた軍使達は救援トラック→陸軍の浜松飛行場にたまたま1機あった飛行機を使って8/21 18:30発)木更津に帰着した22日まで7日間の出来事をまとめた。第2章は「なぜ緑十字機は燃料切れで不時着したのか」という謎に対する独自の分析を、第3章は集めた記録や証言を掲載した。
 回想録や証言は同じ事柄でも内容が異なる場合が多く、内容を対比して真実に近いものを整理するのが難しかったという岡部さん。「緑十字機の飛行は太平洋戦争のラストミッションだが、断片的に記録が残されていただけで総括した文献はなかった。地元が関係する出来事だけに、広く知られるために役立ってほしい」と話す。
 本の問い合わせは岡部さん<電0538(34)1043>へ。

緑十字機 降伏受理協議のためにフィリピン・マニラへ向かう日本の軍使らを千葉県木更津から沖縄県伊江島まで運んだ2機の飛行機。連合国の誤攻撃を防ぐために陸上輸送機と陸上攻撃機の機体を白く塗り、日の丸の部分に緑十字を描いた。うち1機は木更津へ戻る途中に燃料切れで遠州灘(鮫島海岸)に不時着した。乗っていた軍使や搭乗員は地元住民に救助され、浜松経由で木更津へ戻った。不時着した機体は海岸に放置され、その後の台風で海へ流されたという。(【挿入】回収された大型部材2個が、磐田市埋蔵文化財センターで保管)
--------------------------ここまで、引用
※補足 : 自分達の緑十字を施した飛行機でマニラまで直行ではなく、既に米軍の先行隊が占領していた沖縄の(伊江島)飛行場に2機駐機して、マッカーサー元帥のいるマニラまでは米軍機で。帰る時に1機にトラブル発生したのを置いて、他の1機に全員乗って発進した日本の基地に向けて帰りの飛行機が(燃料切れで)鮫島海岸に不時着。(当時間帯のみ月夜が照らしてくれた幸運+死人や重傷者発生なかった幸運+米軍との協議した資料を無事に回収出来た幸運)

静岡新聞に掲載された2015/7/11から数日後に、磐田中央図書館で借りて読んだことを当時ツイートで紹介しています。


| | コメント (8)

石雲院(せきうんいん)

小さい山付き台地の高いところ削り、稜線の間の谷を埋め立て、広く平らに均し造成した土地に建設した静岡空港。現在の石雲院の位置は静岡空港に非常に接近した位置にあるが、それだけ寺の領地をかなり静岡空港(静岡県)に売ってくれたと言える。(公益に理解をしての協力で)だから、県としては石雲院に敬意を表す気持ちから石雲院に近い展望デッキの名に石雲院を冠している
自分も空港へ行った時のウオーキングを兼ねた参拝や歴史物鑑賞、本堂で開催するイベント(牧之原市や地元開催イベント等)に参加でお世話になっていることもあり、ここに一つのページを設けてランダムに情報をまとめたいと思う。

先ず、疑問点 【山号について】
山号とは?寺なら全ての寺が(平地に建っていても)山号(読み:サンゴウ...有名なサンゴウ例:法多山(ハッタサン)尊永寺 ←ここは寺名知っている人は1%、山号で100%通じる、遠州の人は。
疑問1:高尾山龍門山の二種類ある。 
★ 驚愕!地元、坂部自治会は高尾山と龍門山の併記!
自分が現地行った時に、思い出したら庫裏(くり)で尋ねますが、正解が分る方おりますか?
----------------------------------
23:41 - 2016年2月22日 

本堂入口の彫刻
祭り魂さん@bananasennin  リツイート:イチマサ

https://twitter.com/ichimasa2/status/701778818877423616
---------------------------------
10:05 - 2016年2月23日 返信者:祭り魂さん@bananasennin

@ichimasa2 刻銘の画像ありがとうございます。 以前から立川庵雪曲が誰かという話題もありました。岐阜高専名誉教授水野先生の『立川流の山車と彫刻』によりますと、古文書にて冨重とされています。立川庵と名乗った例は他所にはありませんが笑
-----------------------------
2月21日(日)に第2回目の 「牧之原市 お茶カフェ in 石雲院」に行ってきました。(Twitterで書いたけど、市役所の予約案内を見た時、定員一杯だったので当日飛び入りで初回様子見学兼ねて)
-------------------------------

| | コメント (0)

2015年 軽便鉄道・駿遠線 懐古展示会&講演会メモ

0:00 - 2015年11月16日 ツイート者:イチマサ

「軽便鉄道・駿遠線」巡回展示会、
浅羽図書館 11/8 - 11/27
大東図書館 12/17 - 来年1/10
浜岡原子力館 1/13 - 1/31

http://p.twipple.jp/3erD9

9:24 - 2015年11月19日静岡新聞
Web静新: 駿遠線の記憶、今に 袋井「なつかしの軽便鉄道展」 新聞記事
----------------------------------------
0:18 - 2015年11月16日 ツイート者:イチマサ

「軽便鉄道・駿遠線 講演会」
講師:阿形 昭 先生
演題:「駿遠線 五つの楽しみ方」
とき:12月19日(土) 13:30-15:00
会場:大東図書館(掛川市大坂
電話:0537-72-1143
定員:50人 11/19より申込み

http://p.twipple.jp/CzYJz

| | コメント (1)

直虎(おんな城主)のオジ新野 左馬助 親矩(にいの さまのすけ ちかのり)が治めた地が御前崎市新野(にいの)であり、幼い時の直政が危機の時、かくまい育てたことも知った。

●(おんな城主)井伊直虎については
こちらの当ブログ内に記事があります
●オジについては
叔父=父母の弟 伯父=父母の兄 であるが新聞社はどちらの漢字にすべきか決めかねているのでか仮名としている。→その後、同新聞社のニュース記事で判明した(*1注)がその記事でも漢字はつかわれていない。(最近の新聞は難しい漢字にはフリガナを付ける方針なので意識してカナのままなのだろう)
*1注=静岡新聞の続報(10/28ニュース)で左馬助は「直虎の生母の兄」にあたるので、即ち(直虎から見て)伯父の字が当てはまる、漢字で書くとすれば...。
----------------------------------------------
直虎とのゆかりPR 御前崎市がプロジェクト会議:静岡新聞(2015/10/23 09:10 ←webサーバー登録日時)
http://www.at-s.com/news/article/local/west/163962.html

新聞記事はリンク切れやすいので、転載させていただきました↓

> 2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公、井伊直虎とゆかりがある御前崎市が10月27日、「おんな城主直虎応援プロジェクト会議」を発足させる。直虎のおじが治め、直虎の生母の出身地といい、同市のPRや観光資源の開発に乗り出す。
 同市の「新野左馬助公顕彰会」によると、左馬助は今川家の家臣として戦国末期に当地を治めた。直虎が「女城主」としてのちに支えることになる幼少の井伊直政が今川家に殺されかけた時、直政を引き取り養育した。直政は井伊家を継ぐ唯一の男子で、左馬助が井伊家が途絶える危機を救ったという。

新野地区には左馬助を祭った墓所があり毎年、献茶式が行われている。 ←【管理人コメントあり下方】

 プロジェクト会議は同市や同顕彰会、市商工会、市観光協会などで構成する。27日に初会合を開いて今後の運営方針を決める。ゆかりの地としての情報発信や観光ルートの開発、直虎と縁が深い浜松市など他地域との連携といった活動に取り組む考えだ。
 同顕彰会の西島昌和会長は「直政とこれだけゆかりがあることを市内外に周知し、活性化につなげたい。左馬助公は市民の間でもあまり知られておらず発信したい」と話す。
新聞記事の付属写真へ

【管理人コメント】2015/10/26に 新聞記事の付属写真の場所を探索しに行って新野駐在所のおまわりさんの丁寧な説明で辿り着けた。道標「新野左馬武神社」、見た目の建物様式は神社、教育委員会が設置した説明掲示板は「新野左馬助親矩の墓」と題しているなどから神道的管理墓所と解釈した。(単なる祭っているのか?骨埋葬まで含めた意味なのか?)未確認なので、再度現地訪問の時に地元民に伺って確認予定。
-----------------------------------------------
0.00 - 2015年10月 27日 ツイート者:イチマサ

静岡新聞から、井伊直虎(おんな城主)関連として新野佐馬助に関する記事が出たのでブログ記事を投稿→
http://wing.cocolog-nifty.com/wing/2015/10/post-619b.html ←当ブログのURL(ここでは開く必要無し)

ツイート左写真

ツイート右写真 ←建屋外の右側に見える掲示板を単独に撮ったのが上記の「ツイート左写真」。建屋外の左側に見える石碑は碑文が読めないので、そこに居た地元の人に「写真撮りして持ち帰っても自宅でも読めるように(ペイントを入れ墨する等)改善要望しておいた。
----------------------------------------------

-------------------------------------------------------
【他者情報記事】静岡観光お出かけガイド>寺、神社、地蔵>
新野 左馬助を祭る左馬武(さまたけ)神社 ←この記事の中の【アクセス】間蔵坂トンネルの南東の交差点(矢印表示付き)の写真の位置は(前出した)新野駐在所の前の道を約1km北上したところで遭遇する五差路の交差点の景色。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧