« (全国初)垂直軸型プロペラ式の風力発電装置を兼ねた津波避難タワーを磐田市の福田漁港に建設 | トップページ | 中部横断自動車道、(新)清水JCT---双葉JCTの開通は2017年度中から先に伸びるようだ »

リニア・モーター・カーの営業路線ルートと駅を配置する大まかな地区を公表

リニア新駅、神奈川、山梨など6カ所に建設 - MSN産経ニュース:(2013.9.18 11:28)より引用

 JR東海は18日、リニア中央新幹線の概要を発表した。新駅を6カ所に建設する。ターミナル駅は東京都港区の品川駅地下、名古屋市中村区の名古屋駅地下に設置。中間駅は相模原市緑区、甲府市、長野県飯田市、岐阜県中津川市に造る。
ルート図は大きさ等で他者のをリンク
 車両基地については相模原市緑区と中津川市に置く。

 リニアは2014年度中に着工する見通し。約286キロの東京・品川-名古屋間を40分程度で結ぶ「夢の超特急」が実現に向け前進した。この日公表したリニア中央新幹線に関する環境影響評価(アセスメント)の準備書の中に盛り込んだ。

 リニア計画では、2027年に品川-名古屋間が開業し、2045年に大阪まで延伸して全面開通。路線のほとんどは地下やトンネルが占める。都市部では、地上の用地取得や地権者への補償の必要がない、地下40メートルより深い「大深度地下」を活用する。

 準備書は工事による生態系や騒音、水質などへの影響を調べ、まとめた。JR東海は18日朝から品川-名古屋間の沿線7都県などの首長に書類を提出し、計画の概要を具体的に伝達した。


↓ JR東海が工事や運用で配慮すべき地元背景
南アルプスを構成する静岡、山梨、長野の3県と静岡市や川根本町など10市町村。将来の目標に、南アルプスの世界遺産登録を掲げ、前段としてユネスコエコパーク(生物圏保存地域)の登録を目指している。 以下全文:エコパーク 保全と活用これから | 静岡新聞:(2014/1/13)
エコパーク推奨地域エリアとリニアルートを重ねた図
アットエスTOP > ニュース > 連載特集 > 南アルプス
静岡新聞をキーワード「リニア」で検索結果

(注)文書系マスコミに「南ア」の文字が頻繁に出るが、(4年前にサッカーのワールドカップを開催した)「南アフリカ連邦共和国」の略字ではなく「南アルプス」の略字なので慣れてください。

関連ニュース・記事の紹介:
投稿者:自分 2005年) 8/9に 愛・地球博へ行って来ました

|

« (全国初)垂直軸型プロペラ式の風力発電装置を兼ねた津波避難タワーを磐田市の福田漁港に建設 | トップページ | 中部横断自動車道、(新)清水JCT---双葉JCTの開通は2017年度中から先に伸びるようだ »

交通(飛行機も含)・運送」カテゴリの記事

コメント

Twitterより引用

>@ichimasa2:
中間駅のない #静岡県 がリニアの環境負荷だけを負わされるだけで「OK」 と言う県民は(私を含めて)一人も居る筈がない。川勝知事が言う交換条件は県民の代弁だ。
RT
リニア建設に不満と思惑 開業の恩恵ない静岡県:(中日新聞 Web): http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140223/CK2014022302000169.html

投稿: ichimasa2 | 2014年3月 2日 (日) 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (全国初)垂直軸型プロペラ式の風力発電装置を兼ねた津波避難タワーを磐田市の福田漁港に建設 | トップページ | 中部横断自動車道、(新)清水JCT---双葉JCTの開通は2017年度中から先に伸びるようだ »