« スマホアプリ「EV充電サーチ」の充電スタンド登録件数が3200件を突破 | トップページ | 2012年 4月28日(土)29日(日・祝)に 第23回全国トンボ市民サミット in 磐田 »

#映画 木下恵介監督 生誕100年、記念プロジェクト企画発表

「木下恵介 生誕100年」記念プロジェクト公式ホームページ

【追記】その後の関連投稿:故・木下恵介監督(浜松出身)の実話を映画化、仮題「はじまりのみち」 1913年初夏に公開。 松竹
【追記】『木下惠介生誕100年』公式サイトをオープンしました!-松竹サイトでのお知らせ2012/3/15

木下恵介-wikipedia
当ブログの右サイド、イベント・ラインアップに、木下恵介監督:生誕100年プロジェクト企画始動記者会見が2012年4月ごろ有る予定と、昨年から予告してましたが...昨日ついに発表(東京で記者会見)がありました。で、右サイドから消して、左サイドの上方付近に、当ブログ記事へのリンクを張りましたが適度な期間経過後に、そのリンクは予告無く消します。

【追記】国内最高齢の現役映画監督、新藤兼人さんが今年(2012年)の4月22日に100歳を迎えるとのこと。木下恵介と生まれた年は同じってことですね。しかも新藤兼人さんはご健在なので恐れ入りました。→【追記】今年2012年(平成24年)5月29日に急死されました。(満100歳を全う)

木下恵介生誕100年、国内外で代表作上映 浜松市など連携 | 静岡新聞:(web3/16 08:13)より引用させて頂きました ↓ (ニュースはリンク切れ早い為)

松竹浜松市香川県小豆島町は15日、浜松市出身の映画監督木下恵介生誕100年プロジェクトを始動する、と都内で発表した。デジタル修復した「二十四の瞳」など代表作の国内外上映や両市町ゆかりの木の相互植樹、感想文コンクールなどを展開し、木下監督の魅力を再発信する。
 映画監督の生誕を記念した官民共同事業は初の試み。松竹は、日本初のカラー映画「カルメン故郷に帰る」と「楢山節考」についてもデジタル修復し、「二十四の瞳」と合わせた計3本を中心に、ニューヨークやトロントなど世界10都市の映画祭、東京国立近代美術館フィルムセンター、松竹系映画館などで上映する。
 浜松市は、小豆島町のオリーブの木をはままつフラワーパーク内に植樹し「木下恵介の丘」を整備。★木下監督の実弟で作曲家の忠司氏による楽曲のコンサートを開くほか、木下監督と浜松をPRする独自映像制作、木下恵介記念館*での記念展開催などを予定する。小豆島町は、原作者壺井栄の作品発表60周年も記念し「二十四の瞳」の読書感想文を募集する。
 会見には実行委員長の迫本淳一松竹社長と副委員長の鈴木康友市長、塩田幸雄町長らが出席した。迫本社長は「全ての人に幸せになってほしいという強い信念の下、本当の人間をきっちり描いた監督。日本が苦しい今、上映は意義深い」とし、鈴木市長は「やらまいか精神で新しいことに挑戦し、時代を駆け抜けた名監督を知ってほしい」と強調した。
写真も引用(官民共同でプロジェクトを始動する鈴木市長(左)、迫本社長(中)、塩田町長=15日、都内)
*管理人注釈:木下恵介記念館は浜松市に有ります。
★「木下恵介の丘」が完成! オリーブの花は6月が開花期とのこと。 2012年12月 7日付けコメント欄を参照。

「二十四の瞳」木下監督の生誕100年で映画製作やイベント続々-スポニチ

木下恵介 監督の生誕100年記念プロジェクト発表-スポーツ報知

松竹、木下惠介生誕100年記念し新作製作 10月イン予定 - goo 映画

ツイッター引用

@Shizu_West_News: ニュース 木下惠介生誕100年、官民初めて共同事業 - 日テレNEWS24 http://dlvr.it/1KFXp2 #hamamatsu

木村拓哉&香取慎吾のザ・プレミアム・モルツCMは「猛烈なる反響」!日本&ビールの歴史を木下恵介作品で振り返る - goo 映画:
上記ニュースより重要部分を抜き出し ↓
今回のプロジェクトの目玉となるのは、テレビドラマ、映画、舞台という3つの違ったフォーマットで製作される木下恵介に関する新作作品。松竹株式会社映像副本部長の大角正氏はその中身について、「木下作品はもはや神の領域。ですからリメイクではありません。何らかの形で新作を発表したいと思います」と解説。企画の詳細はまだ明かせないというが、生誕100周年となる本年12月から1周年となる2013年12月5日あたりまでには形にしたいとのことなので、期待したい。
上記ニュースでどういうワケか?ザ・プレミアム・モルツCMの話と混在しているので、ここで、そのCM(動画)を見せます

木下恵介は大正元年 1912年(大正元年)12月5日が誕生日なので今年2012年12月5日が生誕100年目。
没は1998年(平成10年)12月30日。
ちなみに昨年2011年7月1日は(本人の郷里である)浜松市の市制100周年なので約1年の差だ。浜松市は2011年4月1日~2012年3月末日まで沢山の記念行事を開催していた。浜松市の100年間の変貌に付いては「びぶれ浜松」が上記の期間の渡って紙面とwebに同一内容を掲載していた。webついては一定期間保存され閲覧できる筈(このページから)。

Twitterより引用。この映画制作は「松竹」です。
@ichimasa2: #映画 「小惑星探査衛星 はやぶさ」をテーマにした三社競作の最後の作品「 おかえり はやぶさ」を観た。3Dが売りだけあって良かった。 http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/7140/8384/71069421
この映画も松竹です:東京家族

|

« スマホアプリ「EV充電サーチ」の充電スタンド登録件数が3200件を突破 | トップページ | 2012年 4月28日(土)29日(日・祝)に 第23回全国トンボ市民サミット in 磐田 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Twitterより引用

>@ichimasa2:
「木下恵介の丘」のオリーブについては
http://wing.cocolog-nifty.com/wing/2013/04/post-28b4.html に書いたが、その花を見たことないので開花情報下さると嬉しい。今朝の #静岡新聞 に静岡、清水区八木間地区でオリーブの栽培を始めたことを知ったが同記事の中で「湖西市での例を参考にした」とのこと。

キーワードで調べてみた結果:

中日新聞:<キラリ★人生> オリーブ畑営み、魅力を発信:暮らし(CHUNICHI Web):
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2014012902000004.html

あぐり浜名湖
http://www.agri-hamanako.jp/Pages/default.aspx

投稿: ichimasa2 | 2014年3月27日 (木) 22:29

Twitterより引用

>@ichimasa2:
浜松市出身の映画監督、木下恵介氏(1912~98年)の生誕100年を記念した #映画 「はじまりのみち」 木下監督 生誕100年映画 #浜松 で初の試写会が16日、同市中区のTOHOシネマズ浜松で開かれた-静岡新聞: http://bit.ly/Zjahtc 【2013年6月1日公開】

投稿: ichimasa2 | 2013年2月17日 (日) 12:37

今日の「NHK総合-クローズアップ現代」で放送された。ファイルno.【No.3295】2013年1月17日(木)放送
題名「弱く、美しき者たちへ
~今、世界が注目 映画監督・木下惠介~」
http://www9.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3295.html

リンク切れを考えて、解説文の冒頭部分をメモしておく。↓

今年度のカンヌ・ベネチアの両映画祭で1人の日本人映画監督が快挙を成し遂げたことはほとんど知られていない。半世紀前「二十四の瞳」などで日本中を泣かせた映画監督、故・木下惠介。ライバル関係にある2つの映画祭で、同じ監督の作品がクラシック部門ダブル上映という極めて異例の快挙。今、世界中で木下作品がリバイバル上映され、再評価の機運が高まっている。

投稿: イチマサ | 2013年1月17日 (木) 22:01

Twitterより引用

>@asahi_shizuoka:
「二十四の瞳」などの映画を撮った浜松市出身の木下恵介監督の生誕100年を迎え、同市西区舘山寺町のはままつフラワーパークに記念の「木下恵介の丘」が完成しました。
http://www.asahi.com/area/shizuoka/articles/TKY201212050867.html

リンク切れになったら困ることをメモ:
碑の近くに成木のオリーブの木を小豆島の町が友好に寄贈~植樹した。その小さい花が6月頃に咲くとのこと。関心ある人は「はままつフラワーパーク」のHPを見たり問い合わせください。

投稿: 他者Twitter引用 | 2012年12月 7日 (金) 01:28

こちらも100周年
Twitterより引用

> @ichimasa2:
記念して、「リニア・鉄道館」(名古屋市)にて「浜松工場開設100周年記念~鉄道の近代化と工場の歩み~」  RT  【JR東海・社長会見】浜松工場 開設100周年について:
 http://bit.ly/Rljg65

投稿: ichimasa2 | 2012年11月23日 (金) 00:45

Twitterより引用

>@dokantron:
加瀬亮が13年6月1日公開の木下恵介監督の生誕100周年記念映画「はじまりのみち」(原恵一監督)に主演。30代だった戦時中、木下監督が一時、松竹から離れていた時代を描いた物語。田中裕子、ユースケ・サンタマリア、濱田岳らが共演する

「はじまりのみち」については当ブログ内で私が投稿しています。
http://wing.cocolog-nifty.com/wing/2012/09/1913-bef5.html

投稿: 他者Twitter引用 | 2012年11月 9日 (金) 09:37

直木賞作家・檀一雄(1912〜76年)も生誕100年だとか。

情報源:
檀一雄、生誕100年記念の顕彰祭 福岡・柳川- 毎日jp(毎日新聞):
http://mainichi.jp/select/news/20120924mog00m040017000c.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

投稿: イチマサ | 2012年9月25日 (火) 01:37

Twitterより引用

>@ichimasa2:
#映画 生誕100年の木下恵介監督を記念して http://bit.ly/S9zK58 の一環のことかもですね。「デジタル修復を行ってから今回が初披露。日本では11月以降に上映予定」だそうなので観に行きたいです。 RT @LoversEgg: 「カルメン故郷に帰る」のデジタル修復版をヴェネチア国際映画祭のクラッシック部門で上映:
http://www.shochiku.co.jp/kinoshita/news/2012/07/30181637.html

(注)冒頭のURLは当ブログ記事のことなので(ここでは)開く必要が無い。

【追記】映画館上映にも耐える、デジタル修復→ブルーレイディスク商品化情報:
http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30755&item_id=820835

投稿: ichimasa2 | 2012年9月 2日 (日) 10:20

新藤兼人監督、100歳を生き抜き死す。2012年(平成24年)5月29日に。ご冥福を祈ります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%97%A4%E5%85%BC%E4%BA%BA

投稿: イチマサ | 2012年6月19日 (火) 01:46

Twitterより引用。

>@ichimasa2:
今朝の新聞の折込「びぶれ浜松2012/3/22号」に「浜松のオンナ、木下映画を語る」が特集されていたが同誌のwebサイト
http://bit.ly/aJb5uj
に原稿が載っているのを発見! RT <ブログ更新> 木下恵介 生誕100年、記念プロジェクト発表
 http://bit.ly/GEmmzV

(注)末尾のURLは当ブログ記事のことであるので(ここでは)開く必要がない。

投稿: ichimasa2 | 2012年3月22日 (木) 15:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スマホアプリ「EV充電サーチ」の充電スタンド登録件数が3200件を突破 | トップページ | 2012年 4月28日(土)29日(日・祝)に 第23回全国トンボ市民サミット in 磐田 »